Skip to content

ウチの事務所へのダメージは

少し前に、会社でメインサーバーがダウンしてしまい、非常に大騒ぎになったことがあります。まぁ作業に関してはピーク時ではありませんでしたから、比較的少ないダメージで済んだんですけど、もしこれがピーク時にやられていたら、と思うと正直ぞっとします。
しかしここで改めて考えるきっかけにもなりましたね。今でこそ当たり前のようにIT技術が仕事場で使われていますし、それのおかげで作業が非常に効率良く進めることができるんですけど、もしそれがない場合、作業にどの程度影響を及ぼすのか、というのを検証してみよう、ということになったのです。要はネットワークダウン時の対策をきちんと検証しよう、ということになりますね。
そのときに参考にしたのが、フリーランスのプロで活躍しているネットワークエンジニアのブログです。

で、実際に検証してみるととんでもなく遅くなることがわかりまして。まずフロントラインとバックアップの連携が取れない。ネットを介してアップロードしていたものがFAX送信プラス手入力という作業になるのでミスの可能性も出てきますし、面倒にもなる。
ネットワークでやり取りしていたデータ類が手書き、手渡し、電卓で計算、という作業になる。ざっと考えただけでも3倍ぐらいの作業量と時間になってしまうという結果になりまして。大まかな検証でこれですから、細かくやるともっとかかる可能性もありますよねぇ…

そうやって考えますと、IT技術ってのは今の作業スタイルにかなり大きな影響を与えてるんだな、というのが非常に実感できた検証でした。
ちょっと対策も本気で考えないといけませんねぇ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です