Skip to content

野に埋もれた才能よ

私事で少々恥ずかしいのですが、2年ほど前に鬱で会社を休職してしまうという事態におちいりまして。まぁ現状無事に社会復帰できているわけなんですけど、その間自宅に引きこもり、在宅でできる仕事についてアホほど調べてみたことがあります。その結果、どういうわけか今更小説家を志すという変な方向に行ってしまっていた時期があります。新人小説大賞みたいな賞についてひたすら色々調べていましたね。実際書いてもいましたし。鬱で外に出られないという気持ちをそういった創作活動にぶつけていたような感じですね。

まぁ物書きにしても漫画やら何やらの同人活動にしても、現在はこの手の創作活動が発表しやすい環境になっていますよね。
それこそIT技術の賜物ですよ。昔はその手の同人創作活動と言えば今で言うコミケやら自費出版やらというものぐらいですけど、今はサーバー借りてホムペを作れば、そこで創作物の発表ってのはできますよね。それこそ無償で皆に見てもらうことが可能なわけですよ。営利目的でないのであれば、環境としてはかなりいい状態にあると言えるでしょう。

実際、そういう風にITを駆使した発表のやり方でプロになった方ってのも存在しているわけですからね。高津カリノさんとか。確かこの方、ネット出身でしたよね?
彫刻や焼き物なんかでも写真を撮ってアップすればいいわけですから。個人的には、そうやってどんどん野に埋もれている才能が発掘されていくと面白いな、と思います。さてさて、今後どうなることやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です